吉沼硝子

吉沼硝子とは

大正5年東京市浅草区小島町にて洋燈・壜類の卸業として「吉沼商店」を創業しました。大戦後、昭和25年「吉沼硝子株式会社」を設立し、金魚鉢・各種壜類・花器・業務用食器と多品種を扱う総合問屋となりました。そして現在、業務用食器に特化したオリジナル製品を展開しています。
「伝統と信用を誇る堅実主義」をモットーとして、手造り商品を中心とした業務用食器の開発・販売に力を注いでいます。

吉沼硝子ブランドは、1970年代初期に誕生しました。当初、喫茶関係を中心とした商品構成となっていましたが、後に業務用硝子和食器に力を注ぐようになりました。今では商品数が1,000を超え、硝子の和食器なら吉沼硝子と言って頂けるようになりました。また、当社の製品は全て日本の硝子職人によって製造されており、高い信頼性と安全性で多くのお客様より支持されています。「料理の映える器」・「見て楽しい器」・「会話が弾む器」をテーマに開発し、割烹から創作料理まで幅広く対応した製品を構成しています。
日本国内は元よりニューヨーク・シカゴ・香港・シンガポール等海外のダイニングシーンでもご愛用頂いています。

Asakusa, a famous tourist district in Tokyo, has a more traditional Japanese atmosphere than some other neighborhoods in Tokyo. Yoshinuma Glass was founded in the south side of this area in 1916 as a wholesaler of lamps and bottles. After the World War II, Yoshinuma Glass expanded its business by handling more items such as goldfish bowls, flower vases and tableware. And now, we are providing original tableware products to hotels and restaurants. Our products are focused on Japanese cuisine, and they have many varieties of shapes and colors. The most important thing to introduce our products is 100% Japanese handmade. Since launching out our products into the hotel and restaurant market, they have been trusted as the number one Japanese style glassware by many customers. We have confidence in our products, which give you full of satisfaction.

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。
Adobe Flash Player を取得